【絶対に変えないとダメ?】ナンバープレートの変更について

【絶対に変えないとダメ?】ナンバープレートの変更について

引っ越しをして住所が変わったら大抵車のナンバープレートって変わりますよね?
でも、これって必ず変更しなきゃいけないことなのでしょうか?
また、そもそも変更の手続きって一体どんなことをしないといけないのでしょうか?

 

このような疑問を持っている方は、ここでしっかり覚えて下さいね!

 

引っ越したらナンバープレートは変えなきゃダメ?

必ず変えなきゃいけないわけではない

引っ越しをしたら、車の登録住所も変更する必要があります。
ただし、住所を変更するだけで済む場合と、ナンバーも変えなければならない場合の2通りがありますから、必ずしもナンバープレートを変えなければならないわけではありません。

法律上は住所変更の登録はしなければならない

道路運送車両法で定められていることは「使用の本拠地が変わった場合には15日以内に変更登録の申請をしなければならない」ということです。
つまりそれに従わなければ違法行為となります。
要は保管場所が変わったらきちんとその場所がわかるようにしておいてくださいということです。

守っていない人もちらほら・・・

しかし、この法律に違反した際には50万円の罰金という罰則も定められているにも関わらず、引っ越した後も以前に住んでいた都道府県のナンバープレートがついたままの車に乗り続けている人はいます。
もし車の登録住所を変更していたら、他府県へ転出した時や、運輸支局事務所の管轄が変わった時にはナンバーが変わるはずですから、その届出をしていない人がいるということに他なりません。

なぜこんなことになっているのか

なぜこのような人がいるのかというと、違反に罰金が定められていても、実際には罰金を科せられている人はあまりいないからです。
また、自動車の納税通知書は持ち主の住所変更を追跡する形用紙が送られてきますし、他府県ナンバーのままでも車検を受けることは可能だからです。

基本的にはちゃんと変更するべし!

このように、罰金にあまりならないとは言え、やはり違法行為には他なりませんし、放っておくといざというときの手続きが面倒になります。
そのため、引っ越しをしたらきちんと車の登録住所も変更手続きをし、必要であればナンバープレートの付け替えもするようにしましょう。

 

ナンバープレートを替えないと何か問題が起こる?

ナンバープレートを替えずにいることで他にはなにか問題となることはあるのでしょうか?
実際にはナンバーを変えなくても車検は受けられますし、自動車税の支払いも実質的には可能です。

しかしこんな問題が

しかし、ナンバープレートを替えるか替えないか以前に、車検証に記載した住所の変更を行わないと、次のような不都合が起こりますから注意が必要です。

リコールの通知が受け取れない

所有している車種にリコールが発生した場合にも通知が受けられなかったりします。

支払関連の通知書が届かない

自動車税や保険の納付書類が手元に届かず、支払いを延滞してしまったりする可能性があります。

本人確認がなかなか取れない

また、スピード違反や駐車違反をした時や、事故や盗難などに遭った時、車両が本人の物であるという確認がなかなかできず、処理が遅れるということも考えられます。

廃車・下取り時の証明が手間

車を新しくする際、廃車や下取りに出そうとするととても面倒なことになります。
1回だけの引っ越しであれば、住民票だけで変更申請を出せますが、2回以上になると、買った時点までの住所の履歴を証明する書類が必要になります。

まとめ

面倒くさがらずにちゃんと変更手続きをすること!

このように、ナンバーを替えていないということは些細なことに感じられるかもしれません。
しかし、実質的には車庫飛ばしをしているのと同じことになりますから、ナンバーの変更が必要な場合には、きちんと陸運局に車を持ち込んで変更手続きを行うようにしましょう。