車の引越しに伴う住所変更手続きの方法【手順・必要書類】

車の引越しに伴う住所変更手続きの方法【手順・必要書類】

引っ越したら自動車も住所変更が必要

住所の変更があったら自動車の登録住所も15日以内に変更しなければならないことになっています。
管轄陸運局が変わる場合には、ナンバープレートも変更になりますから、陸運局に車を持ち込んで手続きをすることになります。
もちろん、自動車の住所変更はしなくても乗れなくなるわけではありませんが、乗り換えで売るときや廃車にするときに面倒なことになりますから、早めにしておいた方がよいでしょう。

 

自動車の住所変更のために準備する物

イメージ
自動車の住所変更の際に持参する必要がある物は、車検証と車庫証明、発行から3か月以内の住民票、印鑑です。
その他、申請書と自動車税申告書、手数料納付書は陸運局で入手したものを使用します。

もし、所有者以外の人が代理で申請するのであれば、委任状も必要になりますから忘れないようにしましょう。

車庫証明は、新しい住所の車庫証明が必要です。

車庫証明は発行から1か月以内の物を用意します。

 

自動車の住所変更手続きの流れ

書類の入手・記入

イメージ
まずは必要書類を入手します。
陸運局の用紙販売所で入手することができますから、前もって必要書類を一式入手しておき、記入してから持参するとスムーズに手続きできるかもしれません。

 

必要書類の記入が済んだら、申請書類を全て揃えて窓口に提出します。

記入の仕方は陸運局にある記入例を参考にしましょう。

自動車税申告用の用紙を提出

続いて、陸運局に隣接した税事務所で自動車税申告用の用紙を入手し、窓口に提出します。

こうすることにより、翌年からは自動車税の納付通知が新住所に届くようになります。

ナンバープレートの変更について

自動車のナンバープレートが変更になる場合には、ナンバープレートを取り外して返還指示書と共に登録番号票交付所に提出すると、新しいナンバープレートの交付を受けられます。
新しいナンバーを取り付けたら、係員に封印してもらいすべての手続きが完了となります。

 

軽自動車の住所変更手続きは?

軽自動車の住所変更手続きは、普通自動車の住所変更と異なります。
手続きに必要な物は、車検証と発行から3か月以内の住民票、軽自動車検査協会で入手できる自動車検査証記入申請書と軽自動車税申告書、ナンバープレートの変更が必要な場合にはナンバープレートです。

手続きの場所は、陸運局ではなく、軽自動車検査協会になります。